工人舎のSH6WB04Aを所持しているが、購入時にインストールされているVistaがあまりに動かないのでがっかりしていた。
最近、モバイルマシンにlinuxをインストールするのが流行っているらしいのubuntuをいれてみることにした。
マシンのスペックはCPUがA100、メモリが1G、HDが40Gである。fdiskは以下

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1               1         575     4617216   27  不明
Partition 1 does not end on cylinder boundary.
/dev/sda2   *         575        2720    17226752    7  HPFS/NTFS
/dev/sda3            2720        4864    17223680    7  HPFS/NTFS

sda3をつぶし、これを「/」に、sda4をswapにするようにする。
「/boot」をUSBメモリにしてUSB起動にする。
これで元のHDDのvistaの領域は触らなくて良い。
インストールするubuntuのバージョンは7.10。
理由は、単純。インストールに成功している人に右ならえ。
PenmountのドライバーはV2.0、無線LANは008_0117_RT73_Linux_STA_Drv1.1.0.0を入手した。
(これも少し古い)

  1. ubuntu7.10のインストール
    HDDに
    sda1、sda2、sda3、sda4とパーテションを作成し、
    sda1を「/boot」
    sda3を「/」 (15G)
    sda4をswap (2G)
    にしてインストールする。(容量の配分は、工人舎のdiskにはいればなんでもOK)
  2. /dev/sda全体をDDでUSBメモリへコピーする。

    $ sudo dd if=/dev/sda of=/dev/sdb conv=noerror

    ※「/boot」とブートセクターがコピーされればOK

  3. sda3とsda4を工人舎のsda3とsda4へコピーする
    ubuntuのlivecdでubuntuを起動し、工人舎のHDDのパーテションを変更する。
    これも面倒な人はswapを諦め、そのままsda3をコピーすれば多分OK。こんなddイメージは以下。

    $ sudo dd if=/dev/sda3 of=/dev/sdb3 conv=noerror
    $ sudo dd if=/dev/sda4 of=/dev/sdb4 conv=noerror


  4. usbメモリで起動する。
    パーテションの構成を変更している時は、menu.lstの(hd0,0)とかdevice.mapを合わせて変更する。
  5. ネットワークの設定
    有線LANにしてから無線LAN(RT73)のドライバーをインストールする。ネットーワークの設定は本文同様。
  6. Pemountの設定
    Penmountからドライバーをインストール。
    ポジションの設定はこんなイメージ

  7. パフォーマンスは良い