公開サーバがクラッシュした時のために、MODxとWordPress(2.6.1)のデータが入っているDBをエクスポートした。
エクスポートしたデータを公開サーバと違うlocal環境のDBにインポートし直した。
local環境のWordPressがインストールされているwp-config.phpのDB欄の記述はlocalのDBが設定されている。
しかし、local環境のWordPressの管理をブラウザで指定すると公開サーバへリダイレクトされる。
http://localhost/wp/wp-admin/→http://公開サーバドメイン/wp/wp-admin/

http://duo266.tetsuserver.com/wordpress26/wp-login.php?redirect_to=%2Fwordpresstest%2Fwp-admin%2Foptions-general.php%3Fupdated%3Dtrue

記事を表示する画面は公開サーバという認識はあったが、管理画面はあくまでもlocalのDBの内容を表示するものだと思っていた。この管理画面でWordPressのurlを修正していたら、公開サーバの異変に気づき、問題を把握した。
DBの内容を調べた。

localアドレスで管理画面を指定してもxx_optinsテーブルのsiteurlの値へ向かって管理画面もリダイレクトされる。
リダイレクトされた後はlocalのDBは見ていない。
リモート接続のためにこのような仕様になっているのだと思うが、今後は注意しないと...