fedora10のgnomeで通常作業しているので、エデッターは標準のgeditを使用している。
プラグインとしてgedit-pluginsをインストールしているのだが、半角の空白やタブを表示できるのに全角の空白が表示ができなくて探していた。
ネットではubuntuのhardy向けのパッケージングに全角の空白を表示するものが追加されたらしい。
(http://ppa.launchpad.net/mizuno-as/ubuntu/pool/main/g/gedit-plugins/)
さっそくubuntu8.10に無理やりいれて試してみた。(赤色部)

どうも全角、半角の表示が似ていてよくわからない。
fedora10のプラグインの修正方法がでていたのだけど対応したら、タブと同じ表示方法になっていた。
どうせ修正するならと、全角表示が他と違うように改変してみた。
/usr/lib/gedit-2/plugins/drawspaces.pyを修正。(i386の場合)

#ADD start ZENKAKU SPACE 以下追加(赤字部)
    def draw_nbsp_at_iter_zenkaku(self, cr, iter):
        if not self._plugin._draw_nbsp:
            return

        rect = self._view.get_iter_location(iter)
        x, y = self._view.buffer_to_window_coords(gtk.TEXT_WINDOW_TEXT,
                                                  rect.x,
                                                  rect.y + rect.height / 2)

        cr.save()
        cr.move_to(x , y )
        cr.rel_line_to(+14,0)
        cr.rel_line_to(-3.5,+6.06)
        cr.rel_line_to(-3.5,-6.06)
        cr.restore()
#ADD end

    def draw_tabs_and_spaces(self, event, iter, end):
        cr = event.window.cairo_create()
        cr.set_source_color(self._plugin._color)
        cr.set_line_width(0.8)
        while iter.compare(end) <= 0:
            c = iter.get_char()
            if c == '\t':
                self.draw_tab_at_iter(cr, iter)
            elif c == '\040':
                self.draw_space_at_iter(cr, iter)
            elif c == '\302\240':
                self.draw_nbsp_at_iter(cr, iter)
#add start zenkaku 以下追加(赤字部)
            elif c == '\343\200\200':
                self.draw_nbsp_at_iter_zenkaku(cr, iter)
#add end 
            if not iter.forward_char():
                break
        cr.stroke()


本当が秀丸のように□風にしたかっただけど..センスがないな