fedora10でrootでgdm(gnome)にログインできなくなった。
それは良いことなのだが、以前のfedora8,9のリリース初期から使用しているユーザはrootでログインしている人が多いだろう。当環境もそうだ。
初期リリース時は、不具合が多いのでrootでログインしていた。それが今でも継続している。反省。
今回はそういった反省をこめて試用で初期インストールしたが、現在使用している環境fedora9をfedora10にUPするとやはり困る。
rootでログインする方法は以下だ。
rootから通常ユーザへの環境移行が完了したら、rootのログインを禁止にしたほうがセキュリティのため良いだろう。
スーパユーザで/etc/pam.d/gdmの以下の部分をコメントにする。
auth       required    pam_succeed_if.so user != root quiet

#%PAM-1.0
auth     [success=done ignore=ignore default=bad] pam_selinux_permit.so
#auth       required    pam_succeed_if.so user != root quiet
auth       required    pam_env.so
auth       substack    system-auth
auth       optional    pam_gnome_keyring.so
account    required    pam_nologin.so
account    include     system-auth
password   include     system-auth
session    required    pam_selinux.so close
session    required    pam_loginuid.so
session    optional    pam_console.so
session    required    pam_selinux.so open
session    optional    pam_keyinit.so force revoke
session    required    pam_namespace.so
session    optional    pam_gnome_keyring.so auto_start
session    include     system-auth