Fedora10が公開されたのでさっそくインストールしてみた。
Previewの時もNVIDIAのドライバーがなかったのだが、リリース版もデフォルトにはない。
LIVNAのリポジトリを導入して、NVIDIAのドライバーをインストールしてみた。(詳細は本文fedora10のディスプレイに説明)

  1. LIVNAリポジトリ
    # rpm -ivh rpmfusion-free-release-8-5.noarch.rpm
    # rpm -ivh rpmfusion-nonfree-release-8-5.noarch.rpm
    # rpm -ivh livna-release-9-2.noarch.rpm
  2. NVIDIAのドライバーインストール
    kmod-nvidiaをインストールする

    これをインストールするとsystem-configーdisplayもインストールされる。
    ※デフォルトではインストールされない。
  3. xorg.confの設定
    ここからスーパユーザで

    # nvidia-xconfig

    Xを再起動

    # nvidia-settings
    

    「Save X Configration File」をクリックし、xorg.confを変更

system-configーdisplayでnvidiaを設定してもドライバーは変更されるかもしれないが、試していない。
画面解像度が使えないのが痛い。(ubuntu8.10と同じ)
※system-configーdisplay→画面解像度の順でやればxorg.confの変更は可能なのかもしれない。
※固定IPアドレスもうまくいかず、設定ファイルを手修正してしまった。とほほ!