Home » ブログ
検索・リンク
ブログ  ブログ以外
最近の記事
Amazon

2008 年 12 月 のアーカイブ

2008 年 12 月 31 日

MODxで「自動転送がループしています」が出てしまった。

MODxでフレンドリURLを設定していたのだが、フレンドリURLをはずしたら
「自動転送がループしています」というエラーが出てしまう。
しかも特定のページのみ。

Cookie、キャッシュのクリアや.htaccessをみても特におかしいところはわからない。
よくよく調べてみたら「SEO Strict URLs」のプラグインを使用していた。
とりあえず停止してみた。

表示されるようになった。
ひとつ勉強になった。

2008 年 12 月 28 日

ubuntu8.10にモバイル系パッケージMatchboxをいれてみる

工人舎のモバイルPCでubuntu8.04のgnomeを使用していたが、もっと適したものはないかと探していた。
ubuntu8.10にMatchboxというモバイル系に適したパッケージがあってので、まず普通のデスクトップPCにインストールしてみた。

  1. インストール
  2. セッションの選択
  3. Machboxの画面

    上部をクリック

    下側のメニューを開く

    仮想キーボード

タッチパネルが使用できる工人舎のモバイルPCで使用するのは適していそうだ。
しかし、shutdownの方法がわからない。
まさか電源を直接きるにか?。わからない。
まだまだ、自分の修行が足りないな!

2008 年 12 月 24 日

fedora10にKDE4.1をインストールしてみた。

fedora10になってkde4.1をインストールしてみた。
環境はx86_64でグラフィックはNVIDIAのGeforce6200、CPUはPen4の3.2Gでメモリ2G。
所感:起動が遅い。当環境では今までのKDEなかで一番パフォーマンスが悪い。
しかもどういうわけかデスクトップ効果(3D)がハングする。(これもはじめて)
インストールからログオンまでの説明は以下

  1. インストール

    コマンド

    # yum groupinstall -y kde-desktop

    日本語環境設定

    コマンド

    # yum install kde-l10n-Japanese
  2. 起動中画面
    デフォルトは以下。(これは後で変更できる)
  3. ログイン直後
  4. デスクトップ効果

    デスクトップ効果を有効にするを適用したら画面が真っ暗。
    10秒後にもとに戻らない。
    sshで他のpcからコネクトして、kwinをkill

当環境が悪いのかそれともKDEが重すぎるのか、今回は他を試すことを延期。

2008 年 12 月 21 日

fedora10のパッケージにあるwordpressをインストールする

fedora10のパッケージを見ていたらwordpressがあるのを発見。(version2.6.5)
さっそくパッケージからインストールしてみる。

そのまま使用できるかと思って
url:http://localhost/wordpress/wp-admin/でアクセスしたがNG

DBがないようだ
php-mysql関係はインストールしてくれるけど、mysql-serverはインストールしてくれない。
mysql-serverはマニュアルでインストールする。

# yum install mysql-server

あとは、DBとユーザを設定する。
wp-config.phpの内容は以下

define('DB_NAME', 'putyourdbnamehere');    // The name of the database
define('DB_USER', 'usernamehere');     // Your MySQL username
define('DB_PASSWORD', 'yourpasswordhere'); // ...and password
define('DB_HOST', 'localhost');    // 99% chance you won't need to change this value
define('DB_CHARSET', 'utf8');
define('DB_COLLATE', '');

上記のとおり、DBとユーザをmysqlに設定し、

# /etc/init.d/httpd restart
# /etc/init.d/mysqld start

を実施。
webでhttp://localhost/wordpress/wp-admin/をアクセスするとadminのパスワードを表示してくれる。
又、残念ながら管理画面が日本語で表示できない。(languageがないようだ)
テーブルは標準で作成してくれる。

SElinuxでのエラーはmailのところだけ。インストールしたwordpressフォルダのSElinuxのタイプエラーにはならない。(fedora10になって仕様がかわったのか?)。wordpress.confを/etc/httpd/conf.d/に作ってくれるので、Webのアクセス設定は初回はしなくて良い。
問題は使用者が英語圏ならOKだが、日本語がそのままでは使えないのが痛い。

2008 年 12 月 19 日

fedora10のgeditで全角空白を表示する。

fedora10のgnomeで通常作業しているので、エデッターは標準のgeditを使用している。
プラグインとしてgedit-pluginsをインストールしているのだが、半角の空白やタブを表示できるのに全角の空白が表示ができなくて探していた。
ネットではubuntuのhardy向けのパッケージングに全角の空白を表示するものが追加されたらしい。
(http://ppa.launchpad.net/mizuno-as/ubuntu/pool/main/g/gedit-plugins/)
さっそくubuntu8.10に無理やりいれて試してみた。(赤色部)

どうも全角、半角の表示が似ていてよくわからない。
fedora10のプラグインの修正方法がでていたのだけど対応したら、タブと同じ表示方法になっていた。
どうせ修正するならと、全角表示が他と違うように改変してみた。
/usr/lib/gedit-2/plugins/drawspaces.pyを修正。(i386の場合)

#ADD start ZENKAKU SPACE 以下追加(赤字部)
    def draw_nbsp_at_iter_zenkaku(self, cr, iter):
        if not self._plugin._draw_nbsp:
            return

        rect = self._view.get_iter_location(iter)
        x, y = self._view.buffer_to_window_coords(gtk.TEXT_WINDOW_TEXT,
                                                  rect.x,
                                                  rect.y + rect.height / 2)

        cr.save()
        cr.move_to(x , y )
        cr.rel_line_to(+14,0)
        cr.rel_line_to(-3.5,+6.06)
        cr.rel_line_to(-3.5,-6.06)
        cr.restore()
#ADD end

    def draw_tabs_and_spaces(self, event, iter, end):
        cr = event.window.cairo_create()
        cr.set_source_color(self._plugin._color)
        cr.set_line_width(0.8)
        while iter.compare(end) <= 0:
            c = iter.get_char()
            if c == '\t':
                self.draw_tab_at_iter(cr, iter)
            elif c == '\040':
                self.draw_space_at_iter(cr, iter)
            elif c == '\302\240':
                self.draw_nbsp_at_iter(cr, iter)
#add start zenkaku 以下追加(赤字部)
            elif c == '\343\200\200':
                self.draw_nbsp_at_iter_zenkaku(cr, iter)
#add end 
            if not iter.forward_char():
                break
        cr.stroke()


本当が秀丸のように□風にしたかっただけど..センスがないな

2008 年 12 月 15 日

fedora10の仮想マシンマネージャーでKVMを使用したらSElinuxエラー

Fedora10で仮想マシンマネージャーをインストールしたので、KVMで仮想OSをインストールしようと思ったら、SElinuxのエラーがでた。
Fedora9の頃も仮想マシンマネージャーでKVMを使用していたのだけど、エラーはなかった。(最近は試していなかったのだが...)
エラーはこんなかんじ

仮想OS作成のイメージと作成元ソースに

chcon -t virt_image_t

を行えというらしいのだが、確かにタイプを変更したらOKだった・
しかし、KVMを使用する前にQEMU単独で仮想OSを作成したのだが、こちらはSElinuxのエラーがでない。
どうなっているのだろう?

2008 年 12 月 14 日

fedora10で仮想環境KVMの使用時のキーボードレイアウトを日本語にする

fedora9まで仮想環境KVMを使用していて、キーボードレイアウトは日本語のデフォルトでなっていたような気がする。※SCIMの日本語入力は本体と異なるキーで起動する設定にはしていた。
fedora10で仮想環境KVMを使用するとキーボードレイアウトが日本語になっていない。
しかたないので、調べたら「-k ja」をいれれば良いらしい。
全体のイメージはこんな感じ

# qemu-kvm fedora10.img -m 1024 -k ja

(仮想メモリ1024で日本語キーボードを使用)
後、fedora9も同じだったか記憶にないが、気になることはrootで起動しないとkvmが有効にならないこと

2008 年 12 月 13 日

fedora10で日付、時刻を調整する

fedora10になってからインストール時の設定をミスったか時刻が9時間ずれてしまった。(UTC)
以前はntpサーバとかで時刻を調整していたのだが、fedora9あたりから違うサービスが登場した。
ntpdateだ。
当サイトが時間調整をしている設定は以下のとおり。
(他のOSも使用しているので、BIOSの時間はずらしたくない)
UTCをはずす。

サービスのntpdateを有効にし起動させる。

再起動すると時間が調整されるようになる。

2008 年 12 月 10 日

fedora10でサービス(system-config-services )がERROR:dbusでエラー起動しない件

fedora10(x86_64)のGNOME環境でサービス(system-config-services 1.2.6-1)が

ERROR:dbus.proxies:Introspect error on :1.57:/org/fedoraproject/Config/Services/ServiceHerders/SysVServiceHerder: dbus.exceptions.DBusException:
 

のメッセージを吐いて起動しないのだけど、fedoraのフォーラムを見たら解決策が出ていた。
/etc/dbus-1/system.conf
を以下のように修正

<!-- allow sending valid replies -->
<allow send_requested_reply="true" send_type="method_return"/>
<allow send_requested_reply="true" send_type="error"/>
<allow send_requested_reply="true"/>→追加

修正したら再起動後、サービスが表示されるようになる。
確かにsystem-config-servicesの1.2.4-1には上記の追加の記載があったのだが、updateされた1.2.6-1にはなかった。
試してみると良いです。

2008 年 12 月 9 日

fedora10でupdateしたらgnome-packagekit-0.3.9-8.fc10で依存関係のエラー

fedora10の自動updateがされないので、マニュアルでupdateしたら以下のような依存関係のエラーがでた。

gnome-packagekit-0.3.9-8.fc10.x86_64 from installed has depsolving problems
--> Missing Dependency: libpackagekit-glib.so.10()(64bit) is needed by package gnome-packagekit-0.3.9-8.fc10.x86_64 (installed)
Error: Missing Dependency: libpackagekit-glib.so.10()(64bit) is needed by package gnome-packagekit-0.3.9-8.fc10.x86_64 (installed)
 

Software Sourceも以下の画面のように何も出てこない

パッケージのUPDATEもエラー

# yum reinstall gnome-packagekit

を行ってみたが、NG。
fedoraのフォーラム

# yum --enablerepo=u*g update gnome-packagekit

をすると良いと挙がっていたので、実施した。
とりあえずupdateはOK。これで良かったのかも未だわからない。
又、サービスが

# system-config-services
ERROR:dbus.proxies:Introspect error on :1.57:/org/fedoraproject/Config/Services/ServiceHerders/SysVServiceHerder: dbus.exceptions.DBusException:
 

なんとするか、updateを待つか?

△ページトップ

Google
ページ
最近のブログ
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
    No Responses.