Home » Ubuntu8.10 » Wacom_Ubuntu8.10

WACOMのタブレットを導入する手順を以下に説明します。
尚、タブレットはWACOM BAMBOO FUN(CTE-450)を使用します。
※カーネルは2.6.27-7を使用しています。


  1. ツールのインストール
    WACOM BAMBOO FUN(CTE-450)は、カーネル2.6.27-7上ではペンは作動します。padの使用やその他の調整が必要な場合には下記のツールをインストールします。
    wacom-toolsを選びます。


  2. インプットデバイスの確認

    インプットデバイスの確認

    $ ls /dev/input -l
    合計 0
    drwxr-xr-x 2 root root 180 2008-11-04 16:47 by-id
    drwxr-xr-x 2 root root 260 2008-11-04 16:47 by-path

    crw-rw---- 1 root root 13, 73 2008-11-03 17:46 event9
    crw-rw---- 1 root plugdev 13, 0 2008-11-04 16:47 js0
    crw-rw---- 1 root root 13, 63 2008-11-03 17:45 mice
    crw-rw---- 1 root root 13, 32 2008-11-03 17:45 mouse0
    crw-rw---- 1 root root 13, 33 2008-11-03 17:45 mouse1
    crw-rw---- 1 root root 13, 34 2008-11-04 16:44 mouse2
    crw-rw---- 1 root root 13, 35 2008-11-03 17:46 mouse3
    crw-rw---- 1 root root 13, 36 2008-11-04 16:47 mouse4
    lrwxrwxrwx 1 root root 7 2008-11-04 16:47 tablet-bamboofun-4x5 -> event10
    lrwxrwxrwx 1 root root 7 2008-11-04 16:47 wacom -> event10


    デバイスに「wacom」があることを確認します。xorg.confの設定で必要となります。

  3. xorg.confの修正
    XでWACOMのタブレットが使用できるように/etc/X11/xorg.confにwacomドライバーの設定をします。
    ペンのみの基本機能を使う場合は設定の必要がありません。

    /etc/X11/xorg.conf

    赤字の部分を追加します。

    Section "ServerLayout"
    [ ... ]
    InputDevice "stylus" "SendCoreEvents"
    InputDevice "eraser" "SendCoreEvents"
    InputDevice "cursor" "SendCoreEvents"
    InputDevice "pad"
    EndSection


    Section "InputDevice"
    Identifier "stylus"
    Driver "wacom"
    Option "Type" "stylus"
    Option "USB" "on"
    Option "Threshold" "10"
    Option "Device" "/dev/input/wacom"
    EndSection

    Section "InputDevice"
    Identifier "eraser"
    Driver "wacom"
    Option "Type" "eraser"
    Option "USB" "on"
    Option "Threshold" "10"
    Option "Device" "/dev/input/wacom"
    EndSection

    Section "InputDevice"
    Identifier "cursor"
    Driver "wacom"
    Option "Type" "cursor"
    Option "USB" "on"
    Option "Threshold" "10"
    Option "Device" "/dev/input/wacom"
    EndSection

    Section "InputDevice"
    Identifier "pad"
    Driver "wacom"
    Option "Device" "/dev/input/wacom"
    Option "Type" "pad"
    Option "USB" "on"
    EndSection





    Xを再起動するとタブレットが使用できるようになります。

  4. ユーテリティ
    xidump
    タブレットの動作の値(座標値)等を調査できます。
    調査した値を参考にxorg.confに調整値をいれてタブレットのチューニングをします。

    $ sudo xidump pad



    wacdump
    タブレットの状態を表示します。

    $ sudo wacdump /dev/input/event10



    wacomcpl

    $ wacomcpl

    ペンのボタンやpadでの動作(ファンクション等)の割り当てをします。


    Tablet Controlsをクリック


    Button1を選択した画面


    keyStorkeを選んで、firefoxのズーム縮小を割当てみる

    OKをクリックするとホームディレクトリに.xinitrcが作成される


    xsetwacom set pad AbsWDn "Button 4"
    xsetwacom set pad AbsWUp "Button 5"
    xsetwacom set pad Button4 "Button 4"
    xsetwacom set pad Button3 "Button 3"
    xsetwacom set pad Button2 "Button 2"
    xsetwacom set pad Button1 "core key ctrl -"
    # run the primary system script
    . /etc/X11/xinit/xinitrc

    wacomcplで設定した値は今現在、次回のセッションには保持されないので、マニュアルでセッションに登録する。

    例:xsetwacom.sh

    xsetwacom set pad AbsWDn "Button 4"
    xsetwacom set pad AbsWUp "Button 5"
    xsetwacom set pad Button4 "Button 4"
    xsetwacom set pad Button3 "Button 3"
    xsetwacom set pad Button2 "Button 2"
    xsetwacom set pad Button1 "core key ctrl -"


    セッションに登録する。


    Xを再起動するとpadが設定どおりに動作するようになります。
    ※2008/11/4現在、当環境ではサスペンド後、タブレットのペンは動作しません。USBを抜き差し直すと動作します。
    pad類はXを再起動しない動作はしません。(wdaemonのubuntu版がもしあればダイナミックに動作可能だと思われます)

 

△ページトップ

Google
ページ
最近のブログ
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
    No Responses.