Home » Ubuntu8.04 » ハードウェア » Wacom_Ubuntu8.04
検索・リンク
ブログ  ブログ以外
Xで閉じます。
  • HDDコマンド
  • WACOM
  • 最近の記事
    Amazon

    WACOMのタブレットを導入する手順を以下に説明します。
    尚、タブレットはWACOM BAMBOO FUN(CTE-450)を使用します。
    ※カーネルは2.6.24-19を使用しています。


    1. パッケージのインストール
      wacomのツール及びドライバーをインストールします。


    2. CTE-450用にパッケージインストール
      通常、ubuntuのパッケージでWACOMのタブレットは起動しますが、新しい製品については対応が間に合っていない場合があります。
      linuxwacom projectから新しいパッケージをダウンロードしてインストールします。

      linuxwacom-0.8.0-3.tar.bz2をダウンロードし解凍します。
      解凍したフォルダーは便宜上「/home/toto/wacom/linuxwacom-0.8.0-3」と仮定して説明します。

      Xドライバー及びユーティリテイツールの再作成

      $ cd /home/toto/wacom/linuxwacom-0.8.0-3
      $ ./configure
      $ make



      ユーティリテイツールのインストール
      作成されたxsetwacom、xidumpをインストールします。

      $ cd /home/toto/wacom/linuxwacom-0.8.0-3/prebuilt
      $ sudo ./uninstall
      $ sudo ./install


      ※ wacomcplについては、カーネルは2.6.24-19では、当環境での正常動作の確認ができていません。

      Xドライバーの適用
      作成されたwacom_drvをXのドライバーにCPします。

      $  sudo cp /home/toto/wacom/linuxwacom-0.8.1-5/src/xdrv/wacom_drv.so /usr/lib/xorg/modules/input



    3. カーネルドライバーの適用
      wacomのカーネルドライバーがロードされてるか確認します。

      $ cat /var/log/messages |grep wacom
       表示されません


      wacomのカーネルドライバーがロードされていないので、カーネルドライバーへ新しいドライバーを適用させます。

      $ sudo cp /home/toto/wacom/linuxwacom-0.8.0-3/src/2.6.24/wacom.ko /lib/modules/2.6.24-19-generic/kernel/drivers/input/tablet



      WACOMのタブレットのベンダーID、製品IDを調べます。

      $ lsusb
      Bus 005 Device 001: ID 0000:0000
      Bus 004 Device 001: ID 0000:0000
      Bus 003 Device 002: ID 056a:0017 Wacom Co., Ltd
      Bus 003 Device 001: ID 0000:0000
      Bus 002 Device 001: ID 0000:0000
      Bus 001 Device 005: ID 06f2:0011 Emine Technology Co.
      Bus 001 Device 004: ID 062a:6728 Creative Labs
      Bus 001 Device 003: ID 05e3:0604 Genesys Logic, Inc. USB 1.1 Hub
      Bus 001 Device 001: ID 0000:0000

      タブレットCTE-450のベンダーIDは56a、製品IDは17です。

      WACOMのタブレットがインプットデバイスとしてイベントが動作する環境になっているか確認します。

      $ ls /dev/input -l
      合計 0
      drwxr-xr-x 2 root root 180 2008-10-21 20:29 by-id
      drwxr-xr-x 2 root root 260 2008-10-21 20:29 by-path
      crw-rw---- 1 root root 13, 64 2008-10-21 20:28 event0
      crw-rw---- 1 root root 13, 65 2008-10-21 20:28 event1
      crw-rw---- 1 root root 13, 74 2008-10-21 20:29 event10
      crw-rw---- 1 root root 13, 66 2008-10-21 20:28 event2
      crw-rw---- 1 root root 13, 67 2008-10-21 20:28 event3
      crw-rw---- 1 root root 13, 68 2008-10-21 20:28 event4
      crw-rw---- 1 root root 13, 69 2008-10-21 20:28 event5
      crw-rw---- 1 root root 13, 70 2008-10-21 20:28 event6
      crw-rw---- 1 root root 13, 71 2008-10-21 20:28 event7
      crw-rw---- 1 root root 13, 72 2008-10-21 20:28 event8
      crw-rw---- 1 root root 13, 73 2008-10-21 20:28 event9
      crw-rw---- 1 root root 13, 63 2008-10-21 20:28 mice
      crw-rw---- 1 root root 13, 32 2008-10-21 20:28 mouse0
      crw-rw---- 1 root root 13, 33 2008-10-21 20:28 mouse1
      crw-rw---- 1 root root 13, 34 2008-10-21 20:28 mouse2
      crw-rw---- 1 root root 13, 35 2008-10-21 20:28 mouse3
      crw-rw---- 1 root root 13, 36 2008-10-21 20:29 mouse4

      WACOMのタブレットがインプットデバイスとして割り振れていません。

      カーネルパラメータの変更
      カーネルパラメータを調べます。
      /lib/modules/2.6.24-19-generic/modules.usbmap

      ベンダーIDは56a、製品IDは17がありません。

      パラメータを追加します。


      /lib/modules/2.6.24-19-generic/modules.alias

      ベンダーIDは56a、製品IDは17がありません。

      パラメータを追加します


      ※本来ならばカーネルドライバーを変更しているので、カーネルの再構築すべきです。
      ここでは、簡単にWACOMのタブレットを使用できる方法を記載しています。

      ubuntuの再起動
      カーネルドライバーがロードされているか確認します。

      $  cat /var/log/messages |grep wacom
      Oct 21 15:52:59 P4-320 kernel: [ 52.644347] usbcore: registered new interface driver wacom
      Oct 21 15:52:59 P4-320 kernel: [ 52.644353] /build/buildd/linux-2.6.24/drivers/input/tablet/wacom_sys.c: v1.47:USB Wacom Graphire and Wacom Intuos tablet driver

      $ sudo lsmod|grep wacom
      wacom 18816 0
      usbcore 146028 5 wacom,usbhid,ehci_hcd,uhci_hcd



    4. インプットデバイスの確認
      カーネルドライバーを適用したらXを再起動させます。

      インプットデバイスの確認

      $ ls /dev/input -l
      crw-rw---- 1 root root 13, 36 2008-10-21 20:29 mouse4
      lrwxrwxrwx 1 root root 7 2008-10-21 20:29 tablet-bamboofun-4x5 -> event10
      lrwxrwxrwx 1 root root 7 2008-10-21 20:29 wacom -> event10



      tablet-bamboofun-4x5に割り当てパラメータについて
      WACOMのタブレットの割り当てパラメータは下記にあります。

      /etc/udev/rules.d//etc/udev/rules.d/50-xserver-xorg-input-wacom.rules
      KERNEL=="event[0-9]*", SYSFS{idVendor}=="056a", SYSFS{idProduct}=="0017", SYMLINK+="input/tablet-bamboofun-4x5"



    5. xorg.confの修正
      XでWACOMのタブレットが使用できるように/etc/X11/xorg.confにwacomドライバーの設定をします。

      /etc/X11/xorg.conf

      Section "ServerLayout"
      Identifier "Layout0"
      Screen 0 "Screen0" 0 0
      InputDevice "Keyboard0" "CoreKeyboard"
      InputDevice "Mouse0" "CorePointer"
      InputDevice "stylus" "SendCoreEvents" #追加
      InputDevice "eraser" "SendCoreEvents" #追加
      InputDevice "cursor" "SendCoreEvents" #追加
      InputDevice "pad" #追加
      EndSection

      #以下全て追加
      Section "InputDevice"
      Identifier "stylus"
      Driver "wacom"
      Option "Device" "/dev/input/tablet-bamboofun-4x5"
      Option "Type" "stylus"
      Option "Mode" "Absolute" # 絶対座標:画面とタブレットがマッピングされる
      Option "USB" "on"
      EndSection

      Section "InputDevice"
      Identifier "eraser"
      Driver "wacom"
      Option "Device" "/dev/input/tablet-bamboofun-4x5"
      Option "Type" "eraser"
      Option "USB" "on"
      EndSection

      Section "InputDevice"
      Identifier "cursor"
      Driver "wacom"
      Option "Device" "/dev/input/tablet-bamboofun-4x5"
      Option "Type" "cursor"
      Option "USB" "on"
      EndSection

      Section "InputDevice"
      Identifier "pad"
      Driver "wacom"
      Option "Device" "/dev/input/tablet-bamboofun-4x5"
      Option "Type" "pad"
      Option "USB" "on"
      EndSection




      Xを再起動するとタブレットが使用できるようになります。

    6. ユーテリティ
      xidump
      タブレットの動作の値(座標値)等を調査できます。
      調査した値を参考にxorg.confに調整値をいれてタブレットのチューニングをします。

      $ sudo xidump pad



      wacdump
      タブレットの状態を表示します。

      $ sudo wacdump /dev/input/event9



      wacomcpl
      ペンのボタンやpadでの動作(ファンクション等)の割り当てをします。
      しかしカーネル2.6.24-19の当環境では動作しません。

      ※Device欄が表示されません。

      xsetwacom
      wacomcplのバックエンドのモジュールです。
      padの設定例
      /home/toto/xsetwacom

      xsetwacom set pad AbsWUp "core key pgdn"    # sending page up event when moving anti-clockwise 
      xsetwacom set pad AbsWDn "core key pgup" # sending page down event when moving clockwise
      xsetwacom set pad button1 "core key alt left"
      xsetwacom set pad button2 "core key ctrl -" #縮小
      xsetwacom set pad button3 "core key alt right"
      xsetwacom set pad button4 "core key ctrl 0" #サイズを戻す


      セッションに登録します。


      Xを再起動するとpadが設定どおりに動作するようになります。

     

    △ページトップ

    Google
    ページ
    最近のブログ
    アーカイブ
    カテゴリー
    最近のコメント
    最近のトラックバック
      No Responses.