Home » Fedora10 » Wacom_Fedora10

WACOMのタブレットを導入する手順を以下に説明します。
尚、タブレットはWACOM BAMBOO FUN(CTE-450)を使用します。


  1. インストール
    linuxwacomをインストールします。(通常デフォルトでインストールされています)


    コマンド

    # yum install linuxwacom


  2. デバイスの確認
    CTE-450はUSB接続のタブレットです。
    接続されているか確認します。

    インプットデバイスの確認

    $ lsusb
    Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
    Bus 005 Device 004: ID 056a:0017 Wacom Co., Ltd
    Bus 005 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
    Bus 004 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
    Bus 003 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
    Bus 002 Device 007: ID 062a:6728 Creative Labs
    Bus 002 Device 003: ID 06f2:0011 Emine Technology Co. KVM Switch Keyboard
    Bus 002 Device 002: ID 05e3:0604 Genesys Logic, Inc. USB 1.1 Hub
    Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub


    業者が056a、製品番号が0017が入っています。

  3. イベントの確認

    $ ls /dev/input -l
    合計 0
    drwxr-xr-x 2 root root 180 2009-01-08 09:35 by-id
    drwxr-xr-x 2 root root 260 2009-01-08 09:35 by-path
    crw-r----- 1 root root 13, 64 2009-01-08 08:14 event0
    crw-r----- 1 root root 13, 65 2009-01-08 08:14 event1
    crw-r----- 1 root root 13, 74 2009-01-08 09:35 event10
    crw-r----- 1 root root 13, 66 2009-01-08 08:14 event2
    crw-rw----+ 1 root root 13, 67 2009-01-07 23:14 event3
    crw-r----- 1 root root 13, 68 2009-01-08 09:31 event4
    crw-r----- 1 root root 13, 69 2009-01-08 08:14 event5
    crw-rw----+ 1 root root 13, 70 2009-01-08 08:14 event6
    crw-rw----+ 1 root root 13, 71 2009-01-08 08:14 event7
    crw-r----- 1 root root 13, 72 2009-01-07 23:14 event8
    crw-rw----+ 1 root root 13, 73 2009-01-08 09:32 event9
    crw-r----- 1 root root 13, 63 2009-01-07 23:14 mice
    crw-r----- 1 root root 13, 32 2009-01-07 23:14 mouse0
    crw-r----- 1 root root 13, 33 2009-01-08 08:14 mouse1
    crw-r----- 1 root root 13, 34 2009-01-08 08:14 mouse2
    crw-r----- 1 root root 13, 35 2009-01-08 09:32 mouse3
    crw-r----- 1 root root 13, 36 2009-01-08 09:35 mouse4
    crw------- 1 root root 10, 223 2009-01-07 23:14 uinput
    lrwxrwxrwx 1 root root 7 2009-01-08 09:35 wacom -> event10
    drwxr-xr-x 2 root root 80 2009-01-08 09:35 wacom-tablets



    インプットイベントとしてカーネルドライバーが認識しています。
    ※新しい製品の場合には、カーネルドライバーが対応されていない場合があります。
    その場合はイベントにタブレットが表示されません。linuxwacom projectから新しいモジュールをダウンロードしてインストールする必要があります。
    又、カーネルパラメータのmodules.usbmap,modules.aliasをマニュアルで修正するか、カーネルの再構築が必要になります。
    どこにも対応されていない場合は、カーネルソース(wacomのところ)にパッチをかけてmakeし直す必要があります。

  4. rulesの変更
    通常必要ありません。ルールに該当のタブレットの設定がない場合は、以下のようなイメージで設定します。
    /etc/udev/rules.d/60-wacom.rulesに以下を追加します。

    ATTRS{idVendor}=="056a", ATTRS{idProduct}=="0017", SYMLINK+="input/wacom-tablets/bamboofun input/wacom-tablets/bamboofun-%b"


  5. xorg.confの修正
    以下を/etc/X11/xorg.confに追加します。
    ※ペンのみの基本機能を使う場合は設定の必要がありません。

    赤字の部分を追加します。

    Section "ServerLayout"
    [ ... ]
    InputDevice "stylus" "SendCoreEvents"
    InputDevice "eraser" "SendCoreEvents"
    InputDevice "cursor" "SendCoreEvents"
    InputDevice "pad"
    EndSection

    Section "InputDevice"
    Identifier "stylus"
    Driver "wacom"
    Option "Type" "stylus"
    Option "USB" "on"
    Option "Threshold" "10"
    Option "Device" "/dev/input/wacom"
    EndSection

    Section "InputDevice"
    Identifier "eraser"
    Driver "wacom"
    Option "Type" "eraser"
    Option "USB" "on"
    Option "Threshold" "10"
    Option "Device" "/dev/input/wacom"
    EndSection

    Section "InputDevice"
    Identifier "cursor"
    Driver "wacom"
    Option "Type" "cursor"
    Option "USB" "on"
    Option "Threshold" "10"
    Option "Device" "/dev/input/wacom"
    EndSection

    Section "InputDevice"
    Identifier "pad"
    Driver "wacom"
    Option "Device" "/dev/input/wacom"
    Option "Type" "pad"
    Option "USB" "on"
    EndSection



    ※ "Device" "/dev/input/wacom"がカーネルドライバーが設定するタブレットのデバイスです。(イベントの確認を参照)

  6. Xを再起動
    これでタブレットが使用できるようになります。

  7. wdaemon
    USBの抜き差し等でタブレットのイベントが変更されても使用できるようにするサービスです。
    インストール


    コマンド

    # yum install -y wdaemon


    wdaemonの確認

    # wdaemon -w

    47 Wacom BambooFun 4x5
    48 Wacom BambooFun 6x8
    49 Wacom Bamboo1
    100 Standard Keyboard
    150 Standard Mouse


    ※47がCTE-450です。

    /etc/wdaemon.confの作成

    # wdaemon -a >/etc/wdaemon.conf

    /etc/wdaemon.confの内容

    device = 47,/dev/input/wacom-tablets/bamboofun-4x5


    ※wdaemonのサービスの起動すると以下のようにuinput-devicesに設定されるようになります。

    $ ls -al /dev/input/uinput-devices
    drwxr-xr-x 2 root root 60 2009-01-08 10:50 .
    drwxr-xr-x 6 root root 540 2009-01-08 11:08 ..
    lrwxrwxrwx 1 root root 10 2009-01-08 10:50 uinput-wacom-bamboofun-4x5-tablet -> ../event11

    $ cat /proc/bus/input/devices
    I: Bus=0006 Vendor=056a Product=0017 Version=270f
    N: Name="uinput: Wacom BambooFun 4x5"
    P: Phys=
    S: Sysfs=/devices/virtual/input/input11
    U: Uniq=
    H: Handlers=mouse5 event11
    B: EV=1f
    B: KEY=1cff 1f00ff 0 0 0 0
    B: REL=100
    B: ABS=1000f00017b
    B: MSC=1



    /etc/X11/xorg.confの変更

    Option        "Device" "/dev/input/wacom"
    を以下のように変更します。
    Option        "Device" "/dev/input/uinput-devices/uinput-wacom-bamboofun-4x5-tablet


    サービスの起動
    wdaemonを起動します。


    fedora10を再起動すればUSBの変更があってもタブレットが使用可能になります。

  8. ユーテリティ
    xidump
    タブレットの動作の値(座標値)等を調査できます。
    調査した値を参考にxorg.confに調整値をいれてタブレットのチューニングをします。

    # xidump pad



    wacdump
    タブレットの状態を表示します。

    # wacdump /dev/input/event10



    wacomcpl
    ペンのボタンやpadでの動作(ファンクション等)の割り当てをします。

    $ wacomcpl



    OKをクリックするとホームディレクトリに.xinitrcが作成される


    xsetwacom set stylus Suppress "2"
    xsetwacom set stylus RawSample "4"
    xsetwacom set stylus ClickForce "2"
    xsetwacom set stylus PressCurve "50 0 100 50"
    xsetwacom set pad AbsWDn "Button 4"
    xsetwacom set pad AbsWUp "Button 5"
    xsetwacom set pad Button4 "Button 4"
    xsetwacom set pad Button3 "Button 3"
    xsetwacom set pad Button2 "Button 3"
    xsetwacom set pad Button1 "CORE KEY CTRL -"
    # run the primary system script
    . /etc/X11/xinit/xinitrc

    wacomcplで設定した値は今現在、次回のセッションには保持されないので、マニュアルでセッションに登録する。

    例:xsetwacom.sh (実行権限をつけておくこと)

    xsetwacom set pad AbsWDn "Button 4"
    xsetwacom set pad AbsWUp "Button 5"
    xsetwacom set pad Button4 "Button 4"
    xsetwacom set pad Button3 "Button 3"
    xsetwacom set pad Button2 "Button 2"
    xsetwacom set pad Button1 "core key ctrl


    セッションに登録する。

    Xを再起動するとpadが設定どおりに動作するようになります。

    特記事項
    wacomcplはlinuxwacom projectから新しいモジュールをダウンロードしてインストールする必要があります。
    ダウンロードしたら

    $ bunzip2 linuxwacom.tar.bz2
    $ tar xvf linuxwacom.tar
    $ cd linuxwacom/prebuilt
    $ su
    # ./uninstall
    # ./install

    を行います。
    wacomのドライバーもインストールされます。

 

△ページトップ

Google
ページ
最近のブログ
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
    No Responses.