Home » Fedora9 » ハードウェア » Wacom_Fedora9
検索・リンク
ブログ  ブログ以外
Xで閉じます。
  • HDDコマンド
  • WACOM
  • 最近の記事
    Amazon

    WACOMのタブレットを導入する手順を以下に説明します。
    尚、タブレットはWACOM BAMBOO FUN(CTE-450)を使用します。


    1. インストール
      linuxwacomをインストールします。


      コマンド

      # yum install linuxwacom


    2. デバイスの確認
      CTE-450はUSB接続のタブレットです。
      接続されているか確認します。

      $ cat /proc/bus/input/devices
      I: Bus=0003 Vendor=056a Product=0017 Version=0113
      N: Name="Wacom BambooFun 4x5"
      P: Phys=
      S: Sysfs=/devices/pci0000:00/0000:00:10.3/usb5/5-1/5-1:1.0/input/input12
      U: Uniq=
      H: Handlers=mouse3 event8
      B: EV=1f
      B: KEY=1c63 0 70033 0 0 0 0 0 0 0 0
      B: REL=100
      B: ABS=100 3000103
      B: MSC=1

      業者が056a、製品番号が0017が入っています。

    3. イベントの確認

      $ ls /dev/input -l
      drwxr-xr-x 2 root root    120 2008-10-13 17:01 by-id
      drwxr-xr-x 2 root root    200 2008-10-13 17:03 by-path
      lrwxrwxrwx 1 root root      6 2008-10-13 15:52 wacom -> event8


      インプットイベントとしてカーネルドライバーが認識しています。
      ※新しい製品の場合には、カーネルドライバーが対応されていない場合があります。
      その場合はイベントにタブレットが表示されません。linuxwacom projectから新しいモジュールをダウンロードしてインストールする必要があります。
      又、カーネルパラメータのmodules.usbmap,modules.aliasをマニュアルで修正するか、カーネルの再構築が必要になります。
      どこにも対応されていない場合は、カーネルソース(wacomのところ)にパッチをかけてmakeし直す必要があります。

    4. rulesの変更
      /etc/udev/rules.d/60-wacom.rulesに以下を追加します。

      ATTRS{idVendor}=="056a", ATTRS{idProduct}=="0017", SYMLINK+="input/wacom-tablets/bamboofun input/wacom-tablets/bamboofun-%b"


    5. xorg.confの修正
      以下を/etc/X11/xorg.confに追加します。

      Section "ServerLayout"
          Identifier     "single head configuration"
          Screen      0  "Screen0" 0 0
          InputDevice    "Keyboard0" "CoreKeyboard"
          InputDevice    "stylus" "SendCoreEvents" →追加
          InputDevice    "eraser" "SendCoreEvents" →追加
          InputDevice    "cursor" "SendCoreEvents" →追加
          InputDevice    "pad" "SendCoreEvents" →追加

      EndSection

      以下全て追加
      Section "InputDevice"
          Identifier  "stylus"
          Driver      "wacom"
          Option        "Device" "/dev/input/wacom"
          Option        "Type" "stylus"
          Option        "Mode" "Absolute" # 絶対座標:画面とタブレットがマッピングされる
          Option        "USB" "on"
      EndSection

      Section "InputDevice"
          Identifier  "eraser"
          Driver      "wacom"
          Option        "Device" "/dev/input/wacom"
          Option        "Type" "eraser"
          Option        "USB" "on"
      EndSection

      Section "InputDevice"
          Identifier  "cursor"
          Driver      "wacom"
          Option        "Device" "/dev/input/wacom"
          Option        "Type" "cursor"
          Option        "USB" "on"
      EndSection

      Section "InputDevice"
          Identifier  "pad"
          Driver      "wacom"
          Option        "Device" "/dev/input/wacom"
          Option        "Type" "pad"
          Option        "USB" "on"
      EndSection



      ※ "Device" "/dev/input/wacom"がカーネルドライバーが設定するタブレットのデバイスです。(イベントの確認を参照)

    6. Xを再起動
      これでタブレットが使用できるようになります。

    7. wdaemon
      USBの抜き差し等でタブレットのイベントが変更されても使用できるようにするサービスです。
      wdaemonの最新(2008/10/1時点では0.15)をダウンロードしてインストールします。
      fedora9のパッケージ管理からインストールできるwdaemonは2008/10/1現在で0.13でCTE-450は対応されていません。
      インストール
      ダウンロードしたモジュールを解凍し、解凍先フォルダ下でmakeします。

      # make

      ※gccが必要です。(# yum install gcc)

      モジュールのCP

      # cp wdaemon /usr/bin



      udevの
      61-uinput-stddev.rules
      61-uinput-wacom.rules
      を/etc/udev/rules.dへcpします。
      is_uinput.shを/etc/udev/scriptsへcpします。


      ※60-wacom.rulesはcpしてはいけません。

      wdaemonの確認

      # wdaemon -w
      47 Wacom BambooFun 4x5
      48 Wacom BambooFun 6x8
      49 Wacom Bamboo1

      ※47がCTE-450です。

      /etc/wdaemon.confの作成

      # wdaemon -a >/etc/wdaemon.conf

      /etc/wdaemon.confの内容

      device = 47,/dev/input/wacom-tablets/bamboofun


      /etc/X11/xorg.confの変更

      Option        "Device" "/dev/input/wacom"
      を以下のように変更します。
      Option        "Device" "/dev/input/uinput-devices/uinput-wacom-bamboofun-4x5-tablet


      サービスの起動
      wdaemonを起動します。


      fedora9を再起動すればUSBの変更があってもタブレットが使用可能になります。



     

    △ページトップ

    Google
    ページ
    最近のブログ
    アーカイブ
    カテゴリー
    最近のコメント
    最近のトラックバック
      No Responses.