Home » Ubuntu8.10 » インストール » USB_Ubuntu8.10
検索・リンク
ブログ  ブログ以外
Xで閉じます。
  • USBメモリで起動
  • 最近の記事
    Amazon

    Ubuntu8.10ではUSBメモリをLivecdの代わりに起動できるようになっています。
    以下、USBメモリにLivecdをいれる方法を説明します。


    1. Create a USB startup disk
      システム→システム管理→Create a USB startup diskを起動します。


    2. DIsk Imageの選択
      「Other]をクリックし、CDもしくはISOイメージを選択します。

      ISOイメージ


      CDイメージ


    3. USBの設定
      DIsk Imageの選択が終了した時点でPCにUSBメモリを差し込みます。


      USBメモリに容量が足りない場合は「開く」をクリックしてUSBメモリの内容をマニュアルで消去します。


    4. extra space
      変更内容をシステムの再起動後にも持ち越せる保存領域(casper-rw)容量を設定します。


      保存領域が必要ない場合は、下のDiscardedを選びます。


    5. 完了
      「Make Startup Disk」をクリックするとUSBメモリの作成が開始されます。
      終了すると以下の画面が表示されます。


      USBデバイスで起動可能なPCでUSBメモリを起動させるとUbuntu8.10のLivecdと同様に起動できます。
      ※USBメモリに直接Ubuntu8.10をインストールすることも可能ですが、高速なメモリが必要です。
      低速なメモリで起動したい場合は、仮想環境にUbuntu8.10をインストールし、仮想環境の/dev/sdaをUSBメモリへddでコピーすれば起動ができる場合があります。

    △ページトップ

    Google
    ページ
    最近のブログ
    アーカイブ
    カテゴリー
    最近のコメント
    最近のトラックバック
      No Responses.