Home » Ubuntu8.04 » プリンターUbuntu8.04

CUPS:Common Unix Printing System (コモン・ユニックス・プリンティング・システム) を使用してプリンターの登録/共有のついて説明します。
サーバでのプリンターの共有及びlinuxクライアントからのプリンターの設定について解説します。


  1. プリンタードライバーのインストール
    ここでは、例としてBrotherのMFC830CLNのプリンターを登録します。
    尚、MFC830CLNのプリントドライバーのlinux版はMFC410CNを代替して使用します。
    BrotherのサイトからlprドライバCUPS Wrapper ドライバをdownloadします。

    lprドライバをインストール

    $ sudo mkdir /var/spool/lpd
    $ sudo dpkg -i --force-all mfc410cnlpr-1.0.2-1.i386.deb


    CUPS Wrapper ドライバのインストール

    cshが必要になります。
    $ sudo apt-get install csh
    $ sudo mkdir /usr/share/cups/model
    $ sudo dpkg -i --force-all cupswrapperMFC410CN-1.0.2-3.i386.deb


    インストールが終了するとCUSSYSサービスが起動します。
    起動しない場合は、システム→システム管理→サービス管理でサービスの設定をします。


    コマンド

    $ sudo /etc/init.d/cupsys start


  2. プリンターの登録
    CUPS Web 管理サイトを開きます。「url:http://localhost:631」

    プリンターの追加をクリックします。

    プリンター名を入力します。


    デバイス

    AppSocket/HP JetDirect」を選択します。
    MFC830CLNはLAN接続をしています。

    デバイスURI

    プリンターがある場所を指定します。

    メーカ

    「Brother」を選びます。

    ドライバー

    ドライバーを指定します。

    ユーザ名/パスワードを入力します。

    ログインしたユーザ名とスーパユーザになるパスワードを入力します。

    プリンターの登録完了


    印刷のテスト

    テストページの印刷をクリックして印刷を行います。

  3. リモート接続
    Ubuntuがクライアントの場合の設定要領について説明します。

    プリンターの追加をします。


    デバイス

    ippを選びます。

    デバイスURL

    共有しているプリンターサーバの共有場所を指定します。
    ここでは、プリンターサーバはippで共有している例で説明しています。

    メーカ

    Rawを設定します。(クライアントから直接生データを共有サーバへ転送します)

    モデル

    プリンターの追加をクリックします。
    ユーザ名とパスワードを入力します。

    プリンターの登録完了


    上記例はプリンターサーバ側がBrotherのプリンタードライバーをインストールしている例です。
    クライアントはBrotherのプリンターのドライバーを必要とせず、「RAW」をドライバーとして設定します。
    逆にプリンターサーバ側が「RAW」の場合は、クライアントがBrotherのプリンターのドライバーをインストールする必要があります。

 

△ページトップ

Google
ページ
最近のブログ
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
    No Responses.