Home » Fedora9 » デスクトップ環境 » KDE_Fedora9
検索・リンク
ブログ  ブログ以外
Xで閉じます。
  • KDE
  • XFCE
  • 最近の記事
    Amazon

    デスクトップ環境KDE(K Desktop Environment)の導入について説明します。
    バージョンは4.0です。


    1. インストール

      # yum groupinstall kde-desktop                   //  KDE本体
      # yum install kde-l10n-Japanese           // 日本語化


       ログオン画面
      セッション「KDE」で選択します。


      メニューを開く

      ※ kde-l10n-Japaneseをインストールしていないと日本語表示はされません。上記はインストールされていない場合の画面です。

    2. デスクトップの日本語化
      メニューの「Settings」を選びます。
      (kde-l10n-Japaneseをインストールすると日本語表示されます)


      Regionをchangeし、「japan」を選択します。


      言語を日本語に変更します。



      キーボードを変更します。

    3. アプリケーションの日本語化
      アプリケーションによっては日本語で表示されていない場合があります。その時は、以下を適用すると表示される場合があります。

      # yum install kde-i18n-Japanese


    4. KDE4.1
      KDE4.1の導入はKDE Packaging ProjectからGPG key/signed packagesを取得します。

      # rpm --import http://kde-redhat.sourceforge.net/gpg-pubkey-ff6382fa-3e1ab2ca

      その後、そのサイトからkde.repoをダウンロードし、
      /etc/yum.repos.d/に保存し、

      # yum groupupdate kde-desktop
      # yum update

      これでKDE4.1に切り替わります。
      ※必要に応じてkde.repoの内容を変更します。(enabledの無効有効等)





    △ページトップ

    Google
    ページ
    最近のブログ
    アーカイブ
    カテゴリー
    最近のコメント
    最近のトラックバック
      No Responses.