Home » Fedora9 » ハードウェア » hdd_Fedora9
検索・リンク
ブログ  ブログ以外
Xで閉じます。
  • HDDコマンド
  • WACOM
  • 最近の記事
    Amazon

    ハードディクスに関係するコマンドを紹介します。
    コマンドにはハードディクスの温度測定コマンドhddtempやSATAに対応したsdparmやハードディクの転送速度やDMAの設定を行うhdparmがあります。


    1. HDDの温度を計る
      インストール
      hddtempを選んでインストールします。


      コマンド

      # yum install hddtemp


      HDDの温度を計る

      # hddtemp /dev/sdb
      /dev/sdb: Maxtor 6Y160M0: 59°C
      # hddtemp /dev/sda
      /dev/sda: HDT722516DLA380: 45°C
      # hddtemp /dev/sdc
      /dev/sdc: Maxtor 6Y080P0: 52°C



    2. HDDの回転を止める
      インストール


      コマンド

      # yum install sdparm


      HDDの回転を止める

      sdparm --command=stop /dev/sdd
      sdparm --command=stop /dev/sr0


      ※sr0はCDROM

    3. HDDの転送速度

      # hdparm -t /dev/sdc
      /dev/sdc:
      Timing buffered disk reads: 4 MB in 3.03 seconds = 1.32 MB/sec

      ※hdparmはfedora9をインストールすると通常デェフォルトでインストールされます。

      HDD情報

      # hdparm  /dev/sdc

      /dev/sdc:
      IO_support = 0 (default)
      16-bit)
      HDIO_GET_UNMASKINTR failed: Inappropriate ioctl for device
      HDIO_GET_DMA failed: Inappropriate ioctl for device
      HDIO_GET_KEEPSETTINGS failed: Inappropriate ioctl for device
      readonly = 0 (off)
      readahead = 256 (on)
      geometry = 9964/255/63, sectors = 160084415, start = 0



      DMA等の調整

      # hdparm -d 1 /dev/sdc

      # hdparm -t /dev/sdc

      /dev/sdc:
      Timing buffered disk reads: 170 MB in 3.02 seconds = 56.33 MB/sec


      転送速度が速くなる。
      ※sdcはSATAではありません。

    △ページトップ

    Google
    ページ
    最近のブログ
    アーカイブ
    カテゴリー
    最近のコメント
    最近のトラックバック
      No Responses.