Home » Fedora9 » アプリケーション » 設定エディタ_Fedora9
検索・リンク
最近の記事
Amazon

GNOMEデスクトップ環境の詳細な設定を行う為の設定エディタについて紹介します。
設定エディタを使用することにより、サスペンドやスクリーンセーバからの復帰時のパスワード解除の画面の非表示等が可能になります。


  1. インストール
    システム→管理→ソフトウェアの追加/削除
    gconf-editorを選び、インストールします。


    コマンド

    # yum install gconf-editor

    インストールされているけどメニューの表示されない場合は、メイン・メニューで表示するようにします。
    システム→設定→ルック&フィール→メイン・メニュー


  2. サスペンド復帰後のパスワード入力をなくす例
    サスペンド復帰後やスクリーンセーバのロック解除にパスワードが必要になりますが、パスワード画面を表示させない設定をします。
    アプリケーション→システム→設定エディタ
    /apps/gnome-power-manager/loc
    下記のようにsuspendのチェックをはずします。

    ※スクリーンセーバ場合も同様にチェックをはずします。

    尚、サスペンドについては、サスペンド復帰後、音が鳴らないと復帰できないとか問題が生じることがあります。
    サスペンドのログは/var/log/pm-suspend.logにあります。

    Initial commandline parameters: 
    Wed Oct  8 00:25:20 JST 2008: Running hooks for suspend.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/00clear suspend: success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/01grub suspend: not applicable.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/05led suspend: not applicable.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/10NetworkManager suspend: success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/49bluetooth suspend: not applicable.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/50modules suspend: not applicable.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/55battery suspend: success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/65alsa suspend: success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/90clock suspend: success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/94cpufreq suspend: success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/95led suspend: not applicable.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/95packagekit suspend: success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/99hd-apm-restore.hook suspend: saving level 255 for device sdb
    saving level 255 for device sda
    saving level 255 for device sdc
    success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/99video suspend: success.
    Wed Oct  8 00:25:23 JST 2008: performing suspend
    Wed Oct  8 07:28:44 JST 2008: Awake.
    Wed Oct  8 07:28:44 JST 2008: Running hooks for resume
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/99video resume: success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/99hd-apm-restore.hook resume: restoring level 255 for device sdb
    /dev/sdb:
     setting Advanced Power Management level to disabled
    restoring level 255 for device sda
    /dev/sda:
     setting Advanced Power Management level to disabled
    restoring level 255 for device sdc
    /dev/sdc:
     setting Advanced Power Management level to disabled
    success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/95packagekit resume: method return sender=:1.63 -> dest=:1.62 reply_serial=2
    success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/95led resume: not applicable.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/94cpufreq resume: success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/90clock resume: success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/65alsa resume: success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/55battery resume: success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/50modules resume: success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/49bluetooth resume: not applicable.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/10NetworkManager resume: success.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/05led resume: not applicable.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/01grub resume: not applicable.
    /usr/lib64/pm-utils/sleep.d/00clear resume: success.
    Wed Oct  8 07:28:45 JST 2008: Finished.


    又、サスペンド順の処理の概略は以下です。(x86_64例)

       1. /usr/lib64/hal/scripts/linux/hal-system-power-suspend-linux
       2. /usr/sbin/pm-suspend(シンボリックリンク→/usr/lib/pm-utils/bin/pm-action)
       3. /usr/lib64/pm-utils/pm-functions
       3. (/usr/lib64/pm-utils/functions)
       4. /etc/pm/sleep.dもしくは/usr/lib64/pm-utils/sleep.d/の配下のモジュールをsuspend
       5. 復帰ボタン押下(復帰アクション)後、上のモジュールをresume


    サスペンドに問題がある場合は、/etc/pm/sleep.dもしくは/usr/lib64/pm-utils/sleep.d/に個別に対応モジュールをいれてパッチをかけて対応するのもよいでしょう。

 

△ページトップ

Google
ページ
最近のブログ
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
    No Responses.