Home » Fedora9 » アプリケーション » DVDプレイヤー_Fedora9
検索・リンク
最近の記事
Amazon

DVDプレイヤー(totem、xine、gxine,vlc、mplayer)のインストールについて以下に説明します。


  1. 共通パッケージ
    以下のパッケージはDVDの再生に必要な共通部分が多いパッケージです。
    インストールしておきます。

    # yum -y install libdvdcss
    # yum -y install libdvdread


  2. TOTEM
    標準でインストールされるGNOMEの動画プレイヤーです。
    以下を追加インストールします。

    # yum -y install gstreamer-ffmpeg
    # yum -y install gstreamer-plugins-ugly



    ※DVD動画の再生はできますが、タイトル表示や音声切替に問題があります。
    (当fedora9(i386)ではタイトル表示、字幕切替等は不可能でした)

  3. Xine Movie Player
    DVD再生のみの目的であるならば、最良のDVDプレイヤーと思われます。
    インストール

    #  yum install xine-ui 


    Xine Movie Playerの画面


    XINEを起動をすると日本語環境では文字化が発生します。
    例えば、Nのnavigatorが表示されません。


    navigatorの画面


    英語環境で起動するようにします。

    # gedit /usr/share/applications/freshrpms-xine.desktop

    [Desktop Entry]
    Name=Xine
    Comment=Versatile Multimedia Player
    Exec=xine %U 下記に変更
    Exec=env LANG=en xine %U ←修正
    MimeType=video/mpeg;video/quicktime;video/x-msvideo;audio/x-mp3;audio/x-mp2;audio/x-mpegurl;
    Icon=xine.png
    Terminal=false
    Type=Application
    Encoding=UTF-8
    Categories=Application;AudioVideo;
    X-Desktop-File-Install-Version=0.15

    変更後


    navigatorの画面


  4. VLC media player
    万能型のプレイヤーです。
    インストール


    コマンド

    #  yum install vlc 

    VLC media player画面


    DVD再生画面


  5. GXINE
    インストール


    コマンド

    #  yum install gxine


    初回起動時のチェック


    gxine再生画面


  6. MPLAYER
    mplayerは当環境(fedora9(i386))では安定して動作しません。
    参考にしてください。
    srcをダウンロードし、makeし直せば安定動作するかもしれません。
    インストール


    コマンド

    #  yum install mplayer mplayer-gui

    mplayerの画面

 

△ページトップ

Google
ページ
最近のブログ
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
    No Responses.