Home » Fedora9 » SCIM_Fedora9

Fedora9をインストールして、Xが表示されても、日本語入力ができなくなっています。
標準で搭載されている文字変換/入力のソフトウェアは、「SCIM + Anthy」です
scimの日本語パッケージをインストールし、SCIMの設定画面で、キーボードを日本語、ホットキーをZenkaku_HankakuにしてXを再起動します。(正確にはSCIMを再起動します)その後、日本語入力ができるようになります。


  1. SCIM日本語パッケージ
    SCIMの日本語パッケージをインストールします。

    # yum install scim-lang-japanese

    Xを再起動すれば、日本語入力ができるようになっています。すぐに日本語入力したい場合や、日本語入力ができない場合は、SCIM設定を行います。
  2. SCIM設定画面

    # scim-setup

    全体設定を選択し、開始/終了のボタンをクリックし、「開始/終了キーの設定」入力のダイアログを表示させます。
    ※尚、既にホットキー等が設定されて入る場合は、SCIMの再設定は不要です。

    もうひとつの方法
    システム→設定→ユーザ向け→入力メソッド
    からSCIMの設定画面を表示させます。

    「入力メソッドの個人設定」をクリックするとSCIM設定画面が開きます。
  3. 開始/終了キーの設定

    「キーコード」の右をクリックします。
  4. キー入力
    ホットキーを入力します。

    キーボードで例えば「半角/全角」キーを押します。
  5. キーコード設定

    追加を押すと選択済のキーに設定されます。

    「ctl+space」も追加しておきましょう。
  6. キーボードの設定
    キーボードを日本語にします。

    「OK」を押し、SCIMを再起動させます。Xを再起動させます。
    この後、日本語が入力できるようになります。
    「半角/全角」キーを押すと以下のようなSCIMのバーが表示されます。

△ページトップ

Google
ページ
最近のブログ
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
    No Responses.